ももが大好き!! もも・モモ・桃っ!!

ももの選び方と食べ方

せっかくももをいただくのなら
美味しいももを選び美味しい食べ方でいただきましょう

美味しいももの見分け方


  ももは、形は左右対称で押し傷がなく、表面全体に毛があり、ひっくり返して枝のついていた所まで着色して青味が残ってないものが良いももです。大きさは中玉が良いようです。
  手にした時に、見かけより重いと感じるもので、甘い香りがするものを選びましょう!完熟すると匂いも強くなるので、香りで食べごろを見分けましょう。

  現代では、スーパーで季節に関係なくどんな野菜や果物でも手に入るようになりましたが、ももは夏以外の季節に見かけることはほとんどありません。やはり、旬の時期に旬のものを食べるのが一番瑞々しくて美味しいと思います。ご存知の通り、ももは6月〜9月初旬ごろに出回りますが、本当においしい桃が出るのは、梅雨が明ける7月中旬ごろから。ももは収穫前1カ月前後の期間晴天が続き、その期間の雨が少なければ、美味しいももになりますので、まさに神様の思し召し次第ですね。

美味しいももの食べ方



 ももは冷やしすぎると甘さがぼけてしまうので、冷暗所(日陰など)に保管し、食べる1〜3時間ほど前から冷蔵庫で冷やして食べるのがいいと思います。

  食べる直前に水洗いしてうぶ毛を軽く水洗いします。

  先に皮を剥いて食べる方が多いと思いますが、皮を先に剥くのは止めましょう。まず皮の上から中央の種に向かって包丁をぐるりと一周切込みを入れます。切れ目を境として上下を分けて両手で桃を持ちます。そのままぐるりと種を中央として手を回転させ、桃を2つに分けます。アボカドの食べ方と同じ方法ですね。あとは種をスプーンでくりぬき、皮を手で剥き、食べやすく切ればOKです。ももの1番甘いところは、皮と果実の間ですので皮は薄く剥きましょう。

  残念ながら、皮が剥きにくそうな場合は、湯剥きするのがよい方法です。ナイフを使って皮を剥く場合も、押切りをしてはいけません。傷つきやすいももは、果肉が崩れて必要以上に果汁を落としてしまいます。必ず引き切りにしましょう。

  外側が一番甘く、種に近づくほどほどに甘みが落ちますので、縦切りにすると甘みが公平に配分されますよ。

ももの変色を防ぐには



  ももは皮を剥いたりジュースにしておいておくと、すぐに色が変わってしまいます。これは桃に含まれるポリフェノールを酸化させる酵素があるためです。もちろんすぐに頂いてしまうので良いのですが、少し時間をおいてしまう場合には、レモン汁をかけると変色が防げます。
  美味しいももですが、食べ過ぎるとお腹がはったり下痢をするので、要注意!

もも狩りに行ったときには


  ももは、完熟していれば皮ごといただくのがもっとも美味しい食べ方です。特にもも狩りに行ったときには、完熟したももを選び、冷たい水でうぶ毛をさっと洗い流し、ガブっと皮ごとかじりついてしまいましょう!もっともももを楽しめる食べ方です。

  ももの果汁は、衣服につくとシミになり落とせなくなります。かじりついて食べる場合には、滴る果汁が衣服に着かないよう、注意して食べてください。
 


Copyright (C) ももが大好き!! All Rights Reserved.
ももの利用方法/ももの産地/ももの品種/ももの効能/ももと私たちの生活
もも狩りを楽しもう!/ももの加工品/もも栽培の四季